石のような静寂

常に裏切りを予測する者が落胆することはまず無い

仮面ライダードライブ

全話見ました。

【筆者前情報】
最近、クウガ龍騎を通してみました。
平成ライダーでもあまり評判のよくない作品は見ていません。
リアルタイムはクウガ~響(脱落)→ディケイド→フォーゼ(脱落)です。たぶんこのパターンが一番多いのかな?

まず、ドライブは平成2期として素晴らしい作品です。まず100点です。
そこから少々辛口気味に減点法でいきたいと思います。↓

【進ノ介】
地に足がいまいち付いていない。仁良編前くらいからやたらキレるようになったがその後も話数的には半分以上経過したにも関わらず進ノ介のバックボーンやキャラが薄く、見てる側からは「何この人キレてるの...怖い」くらいに。
霧子と同じく、話の都合で息を吸ったり吐いたりしてるように思えた。
おそらく路線変更なのか中期以降キャラが違ってきて、その後も着地することもないまま結局宙ぶらりんで終了。終盤のロイニュードへの慈悲や理解もどこから湧いているのか分からず「ヒーローモノだもんね」と思わせる、子供でも感づく嫌みに思えた。

【剛とハート】
減点法だけど触れざるを得ない。素晴らしいものは素晴らしいです、この二人は特に。
そもそもね、稲葉友さんと蕨野友也さんがね、素晴らし過ぎるのよね。顔が、顔が!!こんな顔だったら、そりゃあいいですよ。声も、演技もね!(稲葉さんは初めちょっと変な声だと思いましたが、マッハー!が素晴らしすぎてすぐ慣れました)
もちろん、美味しいキャラなのでいいキャラなんですよ。当然ですね。
ただそれは他のキャラがぽわぽわしてる言い訳にはなりませんね。

【刑事である必要性は?】
特撮はあくまで舞台装置であって、それを利用して物語を描くことが大事なんですよね。具体的にはWは探偵だからこそあっちこっち行ったりやったりして2話1編を完璧に構成していました。それに比べるとドライブはまあ、OREジャーナルでも探偵でも再現できるレベルかなーと。
警察=市民を守るのは当然、という構図すら大して描けてなかったように思う。結局、事件が起きたから動いてロイミュードが現れたから倒すだけで人を救っているようには見えなかった。ゲンさんやWのなだぎ武のほうが警察的だったかなー。
公僕をきちんと描写するのに問題があるのかなぁと思ったりもしますが。

【特別面白い回がない】
これといって面白い回がなかった、といえるかな?
あえて言うなら剛が騙される回。女の人に。一回だけかな?
どこを取っても面白い、ということはないです。ロイミュードもギミックがなくてつまらないし。

【剛に偏りすぎ】
龍騎の13人ライダーで1人1つ割り振っていた属性を1人で11個くらい背負ってる剛。(比喩です)
あれもこれも剛にしてしまって私は剛好きなのでまったく困らないですが、もうちょい中盤頃に甘い思いしてもよかったのではないでしょうか。
ゴルドドライブのなんちゃらをライダーロイミュードまとめて食らった時にオーバーヒートで助けたシーンくらいじゃないですか、いいところ、めっちゃ終盤ですけど。

【詩島剛のいいところ】
『顔以外』でかなり考えたのですが、正義の差異に思い至りました。
進ノ介が「ヒーローものの正義」で動いているのに対して、剛は描写されている範囲では現実の正義(独善でもありますが)に即して動いています。
戦う理由は親の尻拭いと姉へ事実の隠蔽。無関係の人間を助けに動かないとはいえ目の前で起こることは見過ごせない。正義漢への尊敬。怨敵への敵意の非喪失。など。
簡単にいうと理屈が通っているということです。では父親を殺されている進ノ介はどうなのか?という話に帰結しますがそれは冒頭で述べたように脇が甘いので個々の設定が繋がらないという事態に陥っています。

【そもそもメインストーリーが】
ロイミュード幹部たちがああなるの前提なのは分かるけど大雑把感否めないです。アギトのラスト5話は設定を理解していればイイものです。

【中盤の山を張るキャラがない】
Wなら霧彦とか井坂先生とか、OOOなら伊達さんとか真木博士(初期)とか、どれが該当するか分からないんですけどなんかそういう中盤を盛り上げるキャラがいなかったので盛り上がり切れないというか、いつまでもずるずると終盤に向けてえっちらおっちら。
チェイスは子供受けするのかなーどうなのかなー。マッハのデザインが直線的でかっこいいもんなぁ、剛はだんだん嫌な奴に見えてくるかもしれないけども。マッハのゼンリンシューターは遠近両用で素晴らしいデザイン、私が子供だったら友達をゼンリンでアッパーしたい。

【虎の子チェイスのキャラが弱い】
上遠野太洸さんの演技は素晴らしい!分かりやすいロボキャラなキャラ付けをされているので一般的ポピュラーなロボを演じればいいと簡単に言えるとはいえ、見事に演じています。
最初期から登場しいまいち強くない2号ライダーに代わって投入される3号ライダー。剣でいえばカリス、アギトでいえば木野さんですよ、強化フォーム同等の強さなんです。
大事に大事に育てたチェイスがあの程度のキャラで終わってしまったのは完全に育成失敗だと思います。ポケモンでいえばピジョット弱すぎるって感じですね、ラッタいつ進化するんだよ的な。
ま、とはいえ終盤は良かったですよ。イイように描かれているから当然ですけど。イッテイーヨ。赤のまま振るとどうなるんだろう。

【粗探し】
飽きたのでここまで。
私にいえることは今のレギュレーションでは最高の作品だということです。